Copyright (c) アイコン素材 All Rights Reserved.

レンタルサーバー紹介

レンタルサーバー紹介

レンタルサーバーの紹介をしています
レンタルサーバー紹介 レンタルサーバー紹介 レンタルサーバー紹介

レンタルサーバー紹介ページ

レンタルサーバー紹介ページ

レンタルサーバー無料 レンタルサーバー格安 レンタルサーバー高性能 ネットショップ

アイコンの素材その他

アイコンの素材その他

G.722.1は ITU-T が勧告した広帯域音声符号化方式で、通常の電話インタフェースの2倍の帯域幅を持つ 50 Hz-7 kHz(サンプリング周波数 16kHz)の音声信号を 24 kbit/s、32 kbit/s に符号化できる。この規格は G.722 から派生したもので、G.722と同じ広帯域の音声をより低いビットレートで符号化できる。主にテレビ会議システムや VoIP 用に利用されている。 G.722.1の正式な名称はLow-complexity coding at 24 and 32 kbit/s for hands-free operation in systems with low frame loss(低フレーム消失のシステムにおけるハンズフリー用途向け24および32kbit/sの低複雑度符号化方式)である。 G.722.1 Annex C(あるいは G.722.1C)は G.722.1 から派生した拡張モードで、 G.722.1 の倍の 14 kHz(サンプリング周波数 32kHz)の音声信号を 24、32、48 kbit/s に符号化できる。この拡張の正式な名称はAnnex C - 14 kHz mode at 24, 32, and 48 kbit/s(アネックスC - 24、32、48 kbit/s の 14 kHz モード)である。


AMR-WB(Adaptive Multi-Rate Wideband)は、Adaptive Multi-Rate(AMR)をベースとするマルチレートの広帯域音声符号化方式で、GSMやW-CDMA 方式の第三世代携帯電話で利用される。 AMR-WB と区別するため、従来の AMR は AMR-NB(Adaptive Multi-Rate Narrowband)と呼ばれることもある。同じ仕様は ITU-T が勧告した広帯域音声符号化方式 G.722.2 でも使用されている 。


アイコンの素材リンクサイト2次へ