Copyright (c) アイコン素材 All Rights Reserved.

便利フリー

便利フリー

便利なフリーサイトの紹介をしています
便利フリー 便利フリー 便利フリー

便利フリーページ

便利フリーページ

フリー写真 フリー背景 顔文字 SEO便利

アイコンの素材その他

アイコンの素材その他

TwinVQ (Transform-domain Weighted Interleave Vector Quantization) はNTTヒューマンインターフェース研究所(現サイバースペース研究所)が開発した音声符号化技術。PCM音声を、約1/18のデータサイズまで圧縮することができる。 64 kbpsであった当時のISDN(INSネット64)での音声配信を容易にするための技術として開発された。MP3で行われていた情報の再配分に加え、情報をパターンになったブロックに分け、事前に用意された標準パターンと置き換える手法などを採用した。 MP3より少ないビットレートで可聴帯域の周波数を記録することができ、64 kbps以下であればMP3より優秀である。NTTは80 kbpsで128 kbpsのMP3に匹敵する音質であると公称していた。ただし低ビットレート域での音質は比較的良いものの、それ以外のビットレート域ではあまり評価は高くない。 一部が変更された上でMPEG-4 General Audioの一つ(他にはAACがある)として採用された。また、音楽配信方式の1つであるSolidAudioや、SoundVQ(ヤマハ)、Metasound (Voxware) にも採用されている。FFmpegがDemuxやデコードに対応しているため、VLCなどの多くのプレーヤで再生することができる。


MPEG-4 ALS (MPEG-4 Audio Lossless Coding) はMPEG-4オーディオ (MPEG-4 Part 3) の一部として規格化されたロスレス圧縮方式で、スタジオ編集などでも使える高音質のマルチチャネルオーディオ信号を扱うことができる。 MPEG-4 ALSは、インターネットでの音楽配信、携帯ミュージックプレーヤ、音楽アーカイブシステムやスタジオ編集などさまざまな用途への応用が考えられており、FFmpegなどさまざまなソフトウェアでサポートされている。


アイコンの素材リンクサイト2次へ