Copyright (c) アイコン素材 All Rights Reserved.

クレジットカード一覧

クレジットカード一覧

クレジットカードの一覧サイトです
クレジットカード一覧 クレジットカード一覧 クレジットカード一覧

クレジットカード一覧ページ

クレジットカード一覧ページ

キャッシング一覧 キャッシング用語 リンク1 リンク2

アイコンの素材その他

アイコンの素材その他

Musepack(ミューズパック)は、オープンソースで開発されている音声圧縮フォーマットの一つ。 元々はMPEGPlus、MP+という呼称だった。可変ビットレートに特化した非可逆圧縮のフォーマットである。MPEG-1 Layer-IIをベースに独自に発展した。 MP3に比べて音質が良いという評価があり、フリーの圧縮・再生ソフトウェアでは数多く採用されている。MPEG技術をベースとした出自から特許面での懸念があったが、Stream Version 7以降では特許に抵触するコードは問題が発生しないように書き直されていると開発者がコメントしている。しかし同時に、それでも特許面での懸念が完全に払拭されているわけではないともコメントがある。 FFT等の処理にSIMDを使用した最適化が施されており、少し前までは音質と処理速度のバランスが取れたフォーマットとして期待されていたが、更新が滞っている間に他のフォーマットが高音質、高速化したためその優位性が薄れ、利用者は減少傾向にあった。しかし、2009年3月に漸くMatroskaにも格納可能なStream Version 8がリリースされ、再び注目が集まりつつある。


Opus(オーパス)とは、IETF によって開発され、主にインターネット上でのインタラクティブな用途に合わせて作られた非可逆音声圧縮フォーマット。Opusは、スピーチ向きのSILK(英語版)と低レイテンシで音楽用途にも使えるCELT の2つのコーデックの技術を組み込んでいる。Opusは、ビットレートの高低を継ぎ目なく調節でき、内部的には、低いビットレートでは線形予測コーデック、高ビットレートでは変換コーデックを使い、途中で切り替えることも可能である(短時間はハイブリッドでオーバーラップさせられる)。Opusは会話、ネットワーク上の音楽公演やライブイベントなどでリップシンクすることができ、低遅延のオーディオ通信リンクの一部として使用するために必須な、非常に小さいアルゴリズム遅延(デフォルトでは22.5 ms)を持つ。Opus は、音声品質を犠牲にすれば、アルゴリズム遅延を最高5msまでに小さくすることができる。MP3, Vorbis, HE-AAC などの既存の音楽用コーデックは100ms以上の遅延があり、Opus はそれらよりも遅延がずっと小さいにも関わらず、ビットレートに対する品質では遜色ないものとなっている。


アイコンの素材リンクサイト2次へ