Copyright (c) アイコン素材 All Rights Reserved.

消費者金融書き込み

消費者金融書き込み

消費者金融の書き込み掲示板などです
消費者金融書き込み 消費者金融書き込み 消費者金融書き込み

消費者金融書き込みページ

消費者金融書き込みページ

書き込み掲示板 書き込み消費者金融 書き込み金融商品 書き込みクレジットカード

アイコンの素材その他

アイコンの素材その他

CELT(ケルト、英語: Constrained Energy Lapped Transform)は、Xiph.Org Foundationが2007年末から開発が始まった、非可逆圧縮の音声コーデックである。CELTはXiph.Orgの他のプロジェクトと同じくソフトウェア特許に抵触せず、修正BSDライセンスで提供されるフリーソフトウェアである。2011年8月に開発終了になり、後継のOpus (RFC 6716)に引き継がれた。すでにXiph.Orgは非可逆圧縮の音声コーデックだけでも、主に音楽に利用される汎用目的のVorbisと人声による通話用のSpeexという2種類を開発しているが、CELTは両者の隙間を埋める役割を担っている。具体的には 32~128 kbps周辺の低ビットレート域での使用を想定して開発され、VoIPアプリケーションでのリアルタイム通信やウェブでのポッドキャストなどの用途が考えられる。またCELTの最大の特徴として、遅延(レイテンシ)が極めて小さいことがあげられる。


Cook Codec とは、リアルネットワークス社によって開発されたプロプライエタリな非可逆音声ファイルフォーマットであり、Cooker, Gecko, RealAudio G2, RealAudio 8 low bitrate (RA8LBR)とも呼ばれている。 1998年に発表されたCookはリアルネットワークス社が初めて自社開発した音声フォーマットであり、開発者であるKen Cookieの名をとってCookと名づけられた。フォーマットはG.722.1をベースにしているとされており[1]、単一ブロックサイズの修正離散コサイン変換を改変したものである。 2003年には、リアルネットワークス社はサラウンドを利用可能なバージョンのCookを発表し、RealAudio Multichannelと名付けた。これはもともとは"whrl"のFourCC識別子を持っていたが、現在では通常の(モノラルまたはステレオの)Cookと同じ"cook"が用いられている。


アイコンの素材リンクサイト2次へ