Copyright (c) アイコン素材 All Rights Reserved.

相互フォロー

相互フォロー

ツイッターで相互フォローをしています
相互フォロー 相互フォロー 相互フォロー

相互フォローページ

相互フォローページ

ツイッターフォロー1 ツイッターフォロー2 ツイッターフォロー3 ツイッターアイコン

アイコンの素材その他

アイコンの素材その他

G.728は ITU-T が勧告した 16 kbps の音声符号化方式で、符号化の際の遅延が小さいという特徴がある。 G.728の正式な名称は"Coding of speech at 16 kbit/s using low-delay code excited linear prediction" (低遅延符号励振線形予測(LD-CELP) を用いた 16kbit/s 音声符号化方式)である。 ITU-T G.728(16kbps)はLD-CELP(low-delay code excited linear prediction、low-delay CELP)という音声符号化アルゴリズムを使い、32kbps の ADPCM と同等の音質を実現している 。 G.728 は符号化時の遅延を 2ms(サンプリング周波数 8 kHz で 16 サンプル)以下に抑えることを目標に仕様が作成され、1992年に勧告された。


G.729 は、人の声を対象とした音声圧縮アルゴリズムであり、パケット化されたデジタル音声を10ミリ秒の遅延で圧縮する。音楽や DTMF トーンは、RFC 2833 で規定されている RTP Payload for DTMF Digits, Telephony Tones and Telephony Signals を使う場合のみ、このコーデックで確実に転送できる。しかし 14,400 bit/s の標準の G3 ファックスは G.720 コーデックでは確実な転送は期待できず、VoIP では通常 G.711 を使う。ネットワーク負荷が高く、パケット喪失が発生した場合、アナログのファックスは信頼できなくなる。この解決策として T.38 ファックスが提案されている。 必要とする帯域幅が狭いため、G.729 は特に VoIP でよく利用されている。標準の G.729 のビットレートは 8 kbit/s だが、拡張版では 6.4 kbit/s と 11.8 kbit/s があり、それぞれ若干悪い通話品質と若干良い通話品質を提供する。 G.729 にはいくつかの企業のソフトウェア特許が使われており、SIPRO Lab Telecomがライセンスしている。いくつかの国でG.729 を使う際、ライセンス料や特許使用料を支払う必要がある。


アイコンの素材リンクサイト2次へ