Copyright (c) アイコン素材 All Rights Reserved.

ホームページ掲示板

ホームページ掲示板

ホームページの紹介をすることができる掲示板などです
ホームページ掲示板 ホームページ掲示板 ホームページ掲示板

ホームページ掲示板ページ

ホームページ掲示板ページ

SEO用語説明 SEO便利 SEOブログ SEO書籍

アイコンの素材その他

アイコンの素材その他

Harmonic and Individual Lines plus Noise、あるいは HILN は、MPEG-4 オーディオ(MPEG-4 Part 3)で採用された低ビットレートの符号化方式である。音楽を対象とし、正弦波とノイズの組み合わせとしてパラメトリックに符号化する。 MPEG-4 のパラメトリック音声符号化ツールである MPEG-4 HVXC と同様、MPEG-4 AAC などの汎用的な符号化方式では十分な音質が得られない非常に低いビットレートをカバーするためのもので、デジタル放送、携帯電話、インターネット電話、音声データベースなどの様々な用途に使うことができる。


G.711はCCITT(現在のITU-T)によって策定された音声符号化の規格で、1972年に制定された。符号化方式は非線形パルス符号変調であり、標本化周波数は8000Hzである。固定電話網内の音声信号の伝送などに広く用いられている。 信号レベルが小さいときに量子化雑音を低減するため(i.e. 音量が小さいときのノイズを少なくするため)、非直線量子化が行われる。圧伸特性として、μ-law(北米・日本で使用)およびA-law(欧州その他で使用)の二つが規定されているが、そのうち後者はコンピュータによる処理の容易性を特に考慮している。また、音声レベル0dBを定義するための符号化サンプルも規格に含まれている。 μ-lawは、14ビット符号付き線形PCMの1標本を対数的に8ビットに符号化する。A-lawでは13ビット符号付き線形PCMの1標本を対数的に8ビットに符号化する。標本化周波数が8000Hzなので、符号化器の出力ビットレートは64kbpsとなる。


アイコンの素材リンクサイト2次へ