Copyright (c) アイコン素材 All Rights Reserved.

ホームページ素材

ホームページ素材

ホームページ素材 ホームページ素材 ホームページ素材

ホームページ素材ページ

ホームページ素材ページ

ホームページテンプレート ホームページ素材 ホームページサービス ホームページ書籍

アイコンの素材その他

アイコンの素材その他

量子色力学(りょうしいろりきがく、英語: quantum chromodynamics、略称: QCD)とは、素粒子物理学において、SU(3)ゲージ対称性に基づき、強い相互作用を記述する場の量子論である。


量子電磁力学(りょうしでんじりきがく、英語: Quantum electrodynamics, QED)とは、電子を始めとする荷電粒子間の電磁相互作用を量子論的に記述する場の量子論である。量子電気力学と訳される場合もある。量子電磁力学では、荷電粒子間に働く電磁相互作用を光子という粒子の受け渡しによるものと考える。荷電粒子と光子は量子的な場(場の演算子)として扱われる。電子の場は4成分のディラック場、光子の場はベクトル場である。電子は電荷をもっており、この電荷が時空の各点で(つまり、常に連続的に)保存することを理論に要請すると、光子を表す場が自然に定義される。この要請はゲージ変換と呼ばれる場の量の変換に対して理論が持つべき対称性(ゲージ不変性) として表され、それを保証する場(光子場)をゲージ場と呼ぶ。ゲージ場は厳密に質量が0である。光子の質量が0という事実(光速度不変の原理)は、このように、電子の電荷の保存と結びついている。


アイコンの素材ホームページ紹介次へ