Copyright (c) アイコン素材 All Rights Reserved.

キャラクター

キャラクター

キャラクターブログです
キャラクター キャラクター キャラクター

キャラクターページ

キャラクターページ

無料 もり蔵&イガグリくん 無料 もり蔵 お掃除 無料 キリン 画像コンテンツ(PNG) 無料 もこ店 満腹

アイコンの素材その他

アイコンの素材その他

半古典論(はんこてんろん、英: semiclassical theory)とは、古典力学との対応原理に基づき、古典力学を援用した量子力学の近似理論。準古典論とも呼ばれる。こうした近似手法としては、プランク定数を古典力学と量子力学を結び付ける摂動パラメータとして扱い、シュレディンガー方程式の近似解を求めるWKB近似や、量子力学的な遷移確率を2状態を結ぶ経路の重ね合わせで表現するファイマン経路積分及びその古典軌道に基づく解析、物性物理における電子波束の古典粒子的な扱い等が挙げられる。近年の量子カオスの研究の中では、EBK量子化やグッツウィラーの跡公式等の議論から古典力学と量子力学の対応原理そのものの理解にも関心が集められている。


量子論(りょうしろん)とは、ある物理量が任意の値を取ることができず、特定の離散的な値しかとることができない、すなわち量子化を受けるような全ての現象と効果を扱う学問である。粒子と波動の二重性、物理的過程の不確定性、観測による不可避な擾乱も特徴である。量子論は、相対性理論と共に現代物理学の基礎的な二つの柱である。量子物理学と古典物理学との間の違いは、微視的なもしくは、特に純粋な系において特に顕著である。しかし、様々な物質の化学的および物理的性質(色、磁性、電気伝導性など)のように日常的な事も、量子論によってしか説明ができない。


アイコンの素材ブログ紹介次へ