Copyright (c) アイコン素材 All Rights Reserved.

チャット求人 ジュゲム

チャット求人 ジュゲム

チャット求人 ジュゲムブログです
チャット求人 ジュゲム チャット求人 ジュゲム チャット求人 ジュゲム

チャット求人 ジュゲムページ

チャット求人 ジュゲムページ

ライブチャット求人 チャットレディ募集 サイト紹介 日記

アイコンの素材その他

アイコンの素材その他

弱電(じゃくでん)とは電気(電力)の利用方法として、通信・制御・情報に関する分野を指す語である。工学の分野としては(強電が電気工学に対応するのに対し)電子工学が対応する。学会には電子情報通信学会(元は電子通信学会)がある。弱電は、動力としての電気(電力)を供給する強電の対義語で、主に電気的な信号を伝えたり、あるいはその電気信号で何らかの機器を制御することなどを指し、設備では電線のうち動力としての電力を供給するものを強電線、信号を伝えるためのものを弱電線として扱う。 こういった分野の最も原初的なものは、館内放送などとしてのPublic Address(PA: 公衆伝達)設備に係わる音響インピーダンスの高いハイインピーダンススピーカーと放送設備本体、そしてそれらを接続する電線である。こういった設備は施設の利便性を上げる機能を担っている。また電話など通信のための経路も古くからある弱電設備である。


信号(英: signal)は、電気通信や信号処理、さらには電気工学全般において、時間や空間に伴って変化する任意の量を意味する。実世界では、時間と共に測定可能な量や、空間において測定可能な量を信号という。また人間社会では、人間の発する情報や機械のデータも信号とされる。そのような情報やデータは全て、何らかの物理的システムや生体的システムの一部として存在している。システムの形態は様々だが、その入力と出力は時間または空間に伴って変化する値として表すことが可能である。20世紀後半、電気工学はいくつかの分野に分かれ、その一部は物理的信号とそのシステムを設計および解析する方向に特化してきた。また、一方では人間や機械の複雑なシステムの機能動作や概念構造を扱う分野も登場した。これらの工学分野は、単純な測定量としての信号を利用したシステムの設計/研究/実装の方法を提供し、それによって情報の転送/格納/操作の新たな手段が生み出されてきた。


アイコンの素材ブログ紹介次へ