Copyright (c) アイコン素材 All Rights Reserved.

SEO雑記

SEO雑記

SEO雑記ブログです
SEO雑記 SEO雑記 SEO雑記

SEO雑記ページ

SEO雑記ページ

なんとなくの結論 アフィリエイター募集 アフィリエイト掲示板 内容が・・・

アイコンの素材その他

アイコンの素材その他

化学物理学(かがくぶつりがく、英語:chemical physics)は、原子物理学や分子物理学、凝縮系物理学などの手法を利用して物理化学に関する現象を研究する物理学の一分野(物理学の観点から化学過程を研究する物理学の一分野)である。化学物理学は、物理化学と同様に物理学と化学の中間領域学問であるが、両者は異なる学問である。具体的には、化学物理学が物理学に特徴的な原理や理論の研究へ焦点を絞った学問であるのに対し、物理化学は化学の物理的な本質を研究する学問である。とはいえ、2つの分野での区別はあいまいであり、この分野の研究者も研究の過程においてしばしば両分野を股にかけた仕事を行っている。


生物物理学(英: biophysics)は、生命システムを物理学と物理化学を用いて理解しようと試みる学際科学である[1]。生物物理学は、分子スケールから一個体、果ては生態系まで、全階層の生物学的組織を研究対象とする。生化学、ナノテクノロジー、生物工学、農学物理学、システム生物学と密接に関係し、研究領域を共有することが多い。 分子生物物理学は、生化学や生物物理学が扱う生物学の問題に取り組むが、問題解決に対して定量的なアプローチを取ることが常である。一細胞内におけるさまざまなシステム(RNA生合成、RNA生合成、タンパク質生合成など)の間に起こる相互作用の理解、およびこれら相互作用の調節機構の理解に挑戦する。そしてこれらの問題を解くために、多種多様な実験手法が用いられる。


アイコンの素材ブログ紹介次へ